読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

twitter、”もったいない” 使い方をしてる人へ

最近、twitter始めました?

サークルでもtwitterを始めてる人がいて見るのが楽しい。でも思うのは


「最近始めた95%の人がtwitterを【もったいない】使い方をしている」


ということ。別に批判ではなく、せっかくやるならtwitterならではの楽しいとこあじわいなよーって思うから。それじゃfacebookmixiでもできるじゃんって使い方。違いますか?

twitterはもっと刺激的なメディア。スポーツ、勉強、就活etc、自分の興味関心がなにかあるのなら、それを発信してみよう。きっと違う魅力的な世界が目の前に広がるはずだ。


これから始める人もぜひ興味があったら以下をやってみてほしい。


初級:とりあえずフォロー数を100人以上にする〜興味の合う”知らない人”をフォロー〜

多くの人がtwitterを飽きてしまう理由は、面白い内容が流れてこないからだ。とりあえずたくさんフォローしてみよう。友達100人でもいいが、基本は知らない人をフォローしてみよう。世の中には面白い人が実は五万といる。100人以下の小さい世界があなたの見えるすべて、ではもったいない。

どうやって? 興味あることばで検索をしてみれば、こんなにも同じ興味をもった人がtwitterにいるんだ、と驚くはず。


中級1:あんまり知らない人にリプライしてみる〜よりオープンな世界に〜

これはほとんどの人がやっていないが、 ここがtwittermixi,facebookとの最大の違い。後者は閉じたクローズドな世界。でも前者はオープンだ。誰にでも話しかけられる。そこから新しい出会いや発見が生まれるからtwitterは面白い。
ハードルが高いが、内輪でtwitterを使っていても楽しいがもったいない。それでも勇気がでず難しい人は次をやってみよう。


中級2:面白い情報をつぶやいてみる〜フォローワーを増やす楽しさ〜

みなさんのフォローワーは何人だろうか?僕は一年前から使っているアカウントは1000人弱だ。

もちろん数が多いことが正しいといいたいのではない。誇ってもいないし、twitterでは少ないほうだ。ただ、多いと自分のつぶやきに反応してくれる人が劇的に増える。だれだって返信が飛んでくるとうれしいものだ。多ければその楽しさは何倍にもなる。

でも簡単にフォローはしてもらえない。だれだって自分に必要ないことをつぶやく人はいらないからだ。逆にいうと、自分が気になっていることを教えてくれる人はフォローされる。
みんなネットや日常で、何かしら面白い、惹かれる情報に触れているはずだ。それを自分だけでなくシェアするつもりでつぶやいてみよう。きっとあなたと同じ関心をもった人がフォローしてくれるはずだ。手始めにこの記事のURLを載せて、つぶやいてみるといい。

「(感想)|twitter、”もったいない” 使い方をしてる人へ http://d.hatena.ne.jp/shmztkyk/
って感じ。笑 今は大抵twitterボタンがあるから(ここにも下にあるよ)そこをワンクリックするだけでいい。

ネットサーフィンをしてない人もいるかもしれないが、それなら趣味のこと、自分が楽しいことをつぶやけばいい。

気の合う仲間を自分で引き寄せよう。受身じゃなにも得られないのは当然。


プチ上級?:twitterを目的をもって活用する

学生団体でイベントをしたり、会員を募集したりした経験がある人は人を集める大変さを知っているはず。twitterはそれをがっつり助けてくれるメディアだ。僕もなにかしらの企画で人を集めるとき、twitterを活用した。24時間で350人を集めたこともある。それくらい強力なメディアとしての力がある。日本でも1000万人弱もの人が使っているんだから。

例えば今の最大の関心事が就活の人も多いだろう。それに活用すればいい。

僕も就活の時も活用した。就活は悩みが多い。
人に言えないことを吐き出すこともできるし、しっかり自分の考えを書けば目をかけてくれる大人が現れアドバイスをくれたりする。興味ある会社、業界の人をフォローしてもいい。仕事をしたことがない自分にとって、twitterでの生の声は一定の聞く価値があった。
また、言葉にすることで自分の考えがまとまったり整理されたりするものでもある。


ほかにもいろいろあるが、今日はこれくらいにしようと思う。上級と書いたが、ここに書いたことは一般的には初歩の初歩。もう一年くらいtwitterをやってる人にはあたりまえでしょう。


最近twitterを始めた人に、ぜひtwitter独自の楽しさを感じてほしいと思って書いてみました。情報や人との偶発的に出会う楽しさをぜひ感じて欲しいです。